同一モチーフの曲20:Kalenda Maia

カレンダ・マヤの意味は「五月一日」、作者は12世紀のランボー・ド・ヴァケラス(1207年頃没)。異なる綴りが多く、KalendaがCalendaに、MaiaがMayaになっていることも多い。

五月一日の祭礼が豊饒儀礼の色を残していた時代、中世から伝わる古い曲である。

Read more >>

Slagr “Straum, Stille”

jacket

アンビエントでコンテンポラリーなフォークを演奏する、ノルウェーのグループの2nd。2010年作。

ハーディングフェーレ、チェロ、ビブラフォンの編成で奏でられる音は静謐で、手の届かないどこかを想起させる。しかし、絶対零度の音楽ではなく、微かに暖かさを感じる音楽である。一人で夜中に聴くことを推奨。

まず、天体の運行を思わせる“Solaris”、超スローだが思いのほか伝統音楽している“Still”あたり。

Read more >>

Village Kollektiv “Subvillage Sound”

jacket

ポーランドのトラッド系バンド。2010年作、おそらく2ndアルバム。画像だと至ってシンプルなジャケットも実際手に取ってみると、かなり凝った加工がされているのが判る。

ポーランド、ブルガリア、ルーマニア、インド、そしてロマなど、中欧から東欧にかけてのトラディショナル・ソングを採り上げている。伸びのある複数女性のコーラス、伝統楽器や金管楽器、倍音唱法、そしてドラムンベース(とスカ)の影響を受けた楽曲を巧みに組み合わせて統合しており、更にハンマーダルシマーの音色がアルバム全体を引き締めての統一を取っているのも、なかなかユニーク。

全体的によく作り込まれた楽曲中でもお薦めは、Youtubeにもアップロードされているポーランドのトラッド“Uado”。他にもロマのトラッドの“Romani Ćhaj”、ルーマニアの詩から採った“Słońce i Księżyc”の暗めの掛け合いコーラスも良い。

Read more >>

  • Link:

Oki Dub Ainu Band “Sakhalin Rock”

jacket

トンコリ奏者Okiの2010年作。サハリンを訪問した際のインパクトをぶつけた作品になっている。

ロック度数は高め。独特なOkiのヴォーカルには人の好みが分かれるところであるが、曲の展開にバリエーションも増え、アルバム全体を聴いて楽しめる。Dubらしくエコーやループを集中的に使っているのも特徴。

冒頭の“Sakhalin Rock”や、耳について離れない不思議メロディーの“Konkon”がおすすめ。

Read more >>

Johanna Juhola “Fantasiatango”

jacket

アコーディオン奏者Johanna Juholaの2010年作。鮮やかなシアンブルーとピンクのキュートなジャケットが目を引きつける。

アコーディオンに電子音のコツコツしたリズムを効かせたり、物語的な展開をしたりと工夫が凝らされ、スピーディーでポップな演奏になっている。神秘的な“Viimeinen kojootti”、シュールな“Carlos”やメルヘンチックな“Ullakon asukkaat”など表題の通りファンタジックな曲が多い。

Read more >>