Village Kollektiv “Subvillage Sound”

jacket

ポーランドのトラッド系バンド。2010年作、おそらく2ndアルバム。画像だと至ってシンプルなジャケットも実際手に取ってみると、かなり凝った加工がされているのが判る。

ポーランド、ブルガリア、ルーマニア、インド、そしてロマなど、中欧から東欧にかけてのトラディショナル・ソングを採り上げている。伸びのある複数女性のコーラス、伝統楽器や金管楽器、倍音唱法、そしてドラムンベース(とスカ)の影響を受けた楽曲を巧みに組み合わせて統合しており、更にハンマーダルシマーの音色がアルバム全体を引き締めての統一を取っているのも、なかなかユニーク。

全体的によく作り込まれた楽曲中でもお薦めは、Youtubeにもアップロードされているポーランドのトラッド“Uado”。他にもロマのトラッドの“Romani Ćhaj”、ルーマニアの詩から採った“Słońce i Księżyc”の暗めの掛け合いコーラスも良い。

  • Link:

Release

Lebel Catalog No. Release Year
Open Sources OS 27 2010

Artist

Village Kollektiv

Member

  • Maciek Cieriński
  • Weronika Grozdew-Kołacińska
  • Rafał Kołaciński
  • Bart Pałyga
  • Magda Sobczak-Kotnarowska
  • Rafał Gańko
  • Adam Kłosiński
  • Sylwia Świątkowska

Guest

  • Pablopavo
  • Michał Czachowski
  • Maria Natanson
  • Piotr Majczyna
  • Marcin Gańko

Track

  1. Stąd do Miłego
  2. Ktoby
  3. Molih Ta
  4. Uado
  5. Topola
  6. Romani Ćhaj
  7. Kukiełka
  8. Nazad
  9. Svatba
  10. Słońce i Księżyc
  11. Zima
  12. Ktoby – Alt Version
  13. Jek Wyjda na pole

この記事に対するコメントは許可されていません。