同一モチーフの曲20:Kalenda Maia

カレンダ・マヤの意味は「五月一日」、作者は12世紀のランボー・ド・ヴァケラス(1207年頃没)。異なる綴りが多く、KalendaがCalendaに、MaiaがMayaになっていることも多い。

五月一日の祭礼が豊饒儀礼の色を残していた時代、中世から伝わる古い曲である。

曲の成り立ちにも由来する、全体として生気に満ちた、弾むような演奏がほとんど。

  • “Calenda Maia” (Stille Volk “Maudat”
  • “カレンダ・マヤ” (タブラトゥーラ “放浪 Vagabondaggio ”)

YouTubeでも幾つかの演奏を聴くことができる。

この記事に対するコメントは許可されていません。