Szalóki Ági “A vágy muzsikál”

jacket

ハンガリーのSzalóki Ágiの2008年ソロ。

WWW2以前のハンガリーで、女優・歌手として活動したカタリン・カラーディの歌曲をテーマに採り、しっとりとしたジャズアレンジで歌っている。

曲調はバーなどでBGMとして流せるように感じてしまうが、歌い手の聴かせる力量が半端ではないので、実際にはBGMとして聞き流すことができない。夜半に、ひとりで、飲み物を手に、じっくり耳を傾けるのが正しい聴き方だろう。

Read more >>

同一モチーフの曲17:Sumarnatta

日本フォークっぽくも聞こえるメロディーですが、ノルウェーのトラッド曲。

Read more >>

Värttinä “Vihma”

jacket

フィンランドのフォーク・グループVärttinäの98年作。

水面が揺らめくように浮き沈みする伴奏に、力強いリードボーカルと魅惑的でマシンガンのような高速合唱が重なる。一度聞けば忘れることはできない音楽。また、トゥバ共和国のトラッド・ロック・バンドYat-Khaもフーメイ要員として参加しており、これがいいアクセントになっている。

Read more >>

Bognár Szilvia “Semmicske énekek”

jacket

ハンガリーのBognár Szilviaの2008年作。

Bognár Szilviaの豊かで伸びのある朗らかな声が堪能できる。ハンガリーをはじめとして、ロシアのチュヴァシやチェレミス、ブルガリアの伝統曲から曲を選び、春に聴くにはもってこいのタイトル通り「小曲集」となった。

高低差のあるメロディーや装飾性に富んだ節回しも、バンドの上品で愛らしい演奏とよくマッチしている。そのほか、“szájról szájra”で一緒に歌ったHerczku Ágnes、Szalóki Ágiもスペシャルゲストとして参加。コーラスも楽しめる。

Read more >>

  • Link:
  • HMV HMV

同一モチーフの曲16:Lille Jon

KalabraとKraja、似たようなアレンジになるかと思いきや、意外と違っていた曲です。しかし、それぞれの個性はよく表れています。

Read more >>